FC2ブログ
アイデアのカリキュラムを少し紹介 全部話すと長くなるから 西宮で数学するなら家庭教師のアイデア

https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea


アイデアのカリキュラムを少し紹介



今日は電験3級合格カリキュラムの内容を少しご紹介します。

電験三種は合格率が5~8%という難関資格ですが、

同じ電気系の資格でも

第二種電気工事士では合格率は30%前後となっています。

電験三種が難関な理由は

電気工事士試験に比べて求められる知識レベルが高く、

4科目毎に対策をしていかなければならないからです。





もし、電験3種合格を目指すとします。

あなたの数学レベルが中学生数学で

交流のベクトル図を理解していない人だとしたら、

合格までには

1000~1200時間の勉強時間が必要と言われています。

1カ月=24時間×30日が720時間ですから、

寝ずに勉強しても1カ月半かかる計算になりますね。

もちろんそんなことはできませんから、

1日90分~120分の勉強時間を確保して

1年半~2年で全科目合格というのが正しいルートになります。








例. 28歳 山下さん(仮名)メーカー勤務


受験理由:会社から要請されて受験。

電気工事士免許は前年に取得。

三角関数や複素数の計算は理解している。





◇1~3か月目…直流回路・交流回路の他、

過渡現象や磁気回路、

三相交流の計算方法を集中して「理論」科目を完成





◇3~5月目…電気工事士試験にない発電設備と

その計算方法について学習する。

位相遅れ・進みや調相の仕組みはある程度理解しているので、

送配電や変電は故障計算など特殊なものを新たに学習。



◇5~10か月目…「機械」科目の変圧器、直流機、

同期機、誘導機の4本柱を固める。

これで全体の6割がとれるので、

後半にパワーエレクトロニクスで交直変換の仕組みや

照明計算、論理回路などサブテーマの完成度を高める。


◇10~直前期…「電力」と「機械」科目の知識のメンテナンスとともに、

「法規」の対策をする。
条文の中のキーワードや数値の確認とともに、B

問題の計算問題に使う公式を使いながら覚える。



山下さんの場合でしたら、

電気の基礎知識と高校2年生までの数学を理解しているので、

いきなり「理論」の対策からはじめられました。

山下さんの場合でしたらトータル700時間くらいの勉強時間で1

年後の合格を狙っていけます。




中学数学に不安がある人や

電気知識がオームの法則以外は怪しいという方は、

科目対策の前に前段階に3~半年の

基礎力育成をプラスしていきます。


このようにアイデアでは学習到達度や合格目標期間に応じて、

少しずつカリキュラムが変わります。

電験3種は難関ですが、

正しいやり方で学習すれば誰でも合格が可能な資格です。

電験3種の勉強方法がわからないという方は

お問い合わせ下さいね!









↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト
[2018/05/20 11:32] | 勉強法 | コメント(0) | page top
微分と積分どっちを先に学んだ? 歴史が教えてくれる 家庭教師のアイデア

https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea



※出張に行っていたので久しぶりのブログ更新になります。

高校2~3年生にかけて、文系理系を問わず

微分と積分を学習すると思います。



99.9%の教科書や参考書は「微分」→「積分」という順番で

必ず説明されています。

なぜこの順番かというと積分の方が難しいから後回しというより

教える先生の立場で微分を学習してからの方が

積分の説明がしやすいというのが一番の理由という気がします。





そして、授業で微積分を学習すると、




・微分と積分は逆の計算

・微分は導関数を計算すること

・積分は原始関数

(微分して元の関数になる関数)

を求めること



と教わるので、計算はなんとなくできるけど

計算の意味がちんぷんかんぷんという人もいるでしょう。





しかし微分と積分の発見の歴史からすると、

積分の方が1000年以上も前に

その計算のアイデアはありました。



これは円の面積を計算するときに、

円に内接する多角形の面積で近似して

頂点の数を大きくしていくと円に近づいていくだろう

という考えです。



年貢を公平に徴収するためにも

複雑な形状の土地の面積も計算しなければならなかったので

積分の基になる 
「無数に分割して無数に足し合わせる」

という考え方は必要でした。

積分の意味はざっくり言うと


「細かく分割したものを重ねて全体を計算」

することです。



対して、微分はルネサンス期以降に生まれました。

有名な物理学者ニュートンが運動の法則を記述するときに

はじめて加速度という物理量が定義されました。

そこで、速度の変化率というものを表すために

微分が必要になったわけです。

このように微分は

「全体の一部分を切り取って変化を計算」

ことです。





余談ですが、微分をはじめに発見したのはライプニッツです。

ニュートンの運動の法則がまとめられたプリンキピアには

微分の記述はありませんでした。

今日よく使われているdy/dxという記号は

ライプニッツやニュートン以降に改良されたものです。





教科書の内容に戻りますと、

微分は導関数で積分は原始関数です。面

積の計算は

「x軸とf(x)で囲まれる面積Sの導関数はf(x)になる」

という性質を利用しているわけです。

ですから、面積の計算ではf(x)の原始関数F(x)を求めています。




理屈はわかっても、

微分と積分は計算力第一なので正確に計算するには

かなり練習が必要ですよ!

特に理系の人は微積分は必須ですから

、しっかり理解して計算できるようにしましょうね。

スポーツの基礎トレーニングと同じように

、基礎体力がついたら数学の世界が少し広がるかもです。







↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[2018/04/23 10:04] | 勉強法 | コメント(0) | page top
模試って何よ? 模試の活用法教えます家庭教師のアイデア

https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea



模試を活用していますか


なやむ

↑妻は現役時代模試はいつもこんな感じでした。

高校3年生に入ると

年末にかけてほぼ毎月1〜2回のペースで模試があります。

なかなか学校の授業と並行して大変かもしれませんが

以下の点に注意して復習してみてください。




①模試成績表の単元別得点を確認


②間違えてしまった問題の解き直し


③類題を問題集で探して解く






①ですが、単元別得点を見ると

自分の得意分野と不得意分野がはっきりわかります。



ベクトルでは点数が取れても

三角関数や積分では計算ミスでけっこう点数を落としてしまったなら


計算力アップがあなたの課題です






②は言うまでもないかもしれませんが

次回似た問題が出題されたときに確実に正答を導くためです。

模試の問題はよく考えられた良問が多いですから

1 問 でいろいろな解法

(対称式、二次関数の最大最小、解の存在条件など)

を習得できます。




③は答案の再現性を確認します。

変数の条件や関数の形が変わっても自力で解けたなら

きっと似た解法の問題は次回解けるはずです




模試の解き直しは単に模範解答を写すことではありません。
解法の流れを理解して

自力で1から10まで正しい答案を作るようになることです。


模試は試験にほぼ1日をかけて受けるわけですから

単に結果や合格判定だけ見るだけではあまりにももったいないですね。



特に限られた時間の中で受験勉強に取り組む現役生では

模試の利用の仕方で夏休み以降の伸びが全然違います!



結果が悪くても凹まないこと。



(要は入試本番に間違えなければいいのです。

むしろ、今間違っておけてラッキー★

くらいの気持ちで行きましょう♪)



間違えた所はあなたの伸び代です。


その伸び代をしっかり自覚して学習に役立ててみてくださいね^^


そしたらこんなに悶絶することもなくなるはず
なやむ


↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[2018/04/09 10:37] | 勉強法 | コメント(0) | page top
答案の書き方できる人できない人の違い 違いのわかる家庭教師のアイデア

https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea



※今回は時間が無くて走り書きになります

数学の文章を書くポイント

いろいろな生徒さんの答案を見る機会が多いのですが

すこし眺めてみると数学が得意かそうでないか

気づくようになりました。



その中でなぜか計算ミスが多く

勘違いなどで点数を落としてしまいがちな人の

共通の特徴がありました。



・計算途中をよく省略している


・変数や文字で置いているものが何かがわかりにくい

宣言していない


・「かつ」や「そして」、「ゆえに」などの接続詞がない


・字が読みづらい

(字が極端に崩れていたり、筆圧が弱く薄い)





逆に、数学で安定して点数が取れている人は上記とは

ほぼ反対の文章の特徴があります。

上記の特徴の文章がなぜよくないのかですが、



・計算途中をよく省略している

→あとで計算結果の誤りに気付いても

どこでミスをしたか追うことができない。



・変数や文字で置いているものが何かがわかりにくい

宣言していない

→問題で与えられていない文字は

宣言しなければバツです


自分自身も何の計算をしているか分からなくなりますよ



・「かつ」や「そして」、「ゆえに」などの接続詞がない

→数学の文章には仮定と展開と結論がありますが



その区切りがわかりにくい

・字が読みづらい

(字が極端に崩れていたり、筆圧が弱く薄い)

→文字の読み間違いが頻発



数学の文章はただの計算のメモではありません。



第三者に自分の考えを伝えるために

数学の記号や計算ルールに則って書く「手紙」です。

読書感想文や履歴書の文章を雑に書いていては

本の内容の良さや自分のアピールが伝わりませんね。



というわけで、数学の成績が伸び悩んでいる人は

一度文章の書き方を意識することをオススメします。

採点者は問題を知り尽くしたプロですが


やはり人間ですから

きれいな文章の方が読んでもらいやすくなるわけです。




↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[2018/04/06 16:48] | 勉強法 | コメント(0) | page top
勉強が手につかないどうしよう!:続きは家庭教師のアイデアで

https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea


順調に成績アップアップしてたのに
突然伸び悩んだらどうしてる?


気分転換に遊ぶ、全く勉強をしない

、逆に勉強時間を増やして新しい内容を勉強する。

などいろいろありますね。


私の現役時代はテストの解き直しをしていました。


(妻はその発想はなかったと笑っていました)

停滞期はやった事に対して結果が出なくて気持ちが落ち込み気味です。

気持ちが乗らないので、いまひとつ新しい内容が頭に入っていきません。





そんなとき、過去にやったテストなら解いた経験のある問題ばかりなので

スムーズに学習が進みます。

それに成績が伸び悩んでるときは

意外と基本が抜けていることも多いので解き直しは効果的です



そうして続けていくうちに徐々に学習ペースを取り戻して

成績も伸びていくので、自信を取り戻していくことでしょう。




人間には気持ちや体調面でアップダウンが少なからずありますから


好調のときの攻めの学習と不調のときの

守りの学習が大事になってきますね。



(何かのCMキャッチコピーみたいw)



↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村




[2018/03/29 15:22] | 勉強法 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>