FC2ブログ
受験生の保護者様を見て思うこと 西宮で数学するなら家庭教師のアイデア

https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea



家庭教師のアイデアでは担当している生徒様の保護者の方とも頻繁に連絡をしています。
(当たり前ですよねw)


様々な保護者様とお話をして気づいた傾向の一つに


お母様が高卒(すなわち大学受験未経験)だと
子供に実力以上の志望校を受験することを望む

予備校や塾にお金さえ払えば、合格できる


というシーンをよく見ます。
(芸能人に多いです。)

そもそも大学受験のシステムやレベルの違い理解していない。
有名大学だからというステータス性しか見ていないのかなぁ?

と感じます。


それはそれで構わないのですが


お子様と志望校の実力があまりにも剥離している場合
現役合格にこだわる場合は

入試本番までの時間が1年未満だと


安全策としてかなりレベルの低い大学の受験を
提案させていただくこともあります。


そのようなシーンになると、大体のお母様はショックを
受けることが多いです。

志望校合格のために多大な投資をしたのに
不合格になってしまえば
先生の指導が悪かったから合格できなかっただと

誰かのせいにして文句を言っても結果を覆すことはできません。


このような、悲劇を防ぐためにも

よくわからないからと
お金を払ってあとは塾・予備校に丸投げするのではなく


お母様方にもぜひ現在の大学受験のシステム

お子様の今の学習習慣と成績の正確な把握

お子様の今の成績から志望校に合格するためには
何が必要か?
(どんなタイプの試験を受けないといけないのか。

(公募推薦や指定校推薦、センター試験、国公立2次筆記試験)

いつまでに、どのくらいの学習を行い、成績を取ればよいのか

浪人ができない場合、レベルを下げることも検討できるか)


を塾・予備校の先生に聞くだけではなく
実際に大学に足を運んだり、ネットや本で情報を自ら集めるなど
積極的に学んで欲しいと思います。


そうすれば、直前になって
あわてることもなく
精神的に余裕ができ

きっとお子様にもその余裕が伝わり

お子様も緊張せずリラックスして本番には
二十分の実力を発揮できるでしょう。
スポンサーサイト
[2018/06/13 10:37] | 大学受験 | コメント(0) | page top
理想は捨てない 欲張っていこう!  西宮で不可能を可能にする数学 家庭教師のアイデア

https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea



 大学受験、資格試験志したはいいが、偏差値や合格率を見て

「やっぱ無理」「あなたには無理」

って思ったり、言われたりして

諦めたことありませんか?



私もあります。もちろん。


そのままやらずに後悔してもやもやするくらいなら

挑戦して、自分の実力が通じるかどうかを試して

駄目だったら、諦めもつくし

諦められなかったら、また頑張って挑戦する意欲も
湧きます。

理想は高ければ高いほど、思っていたより
高いレベルのところにいける可能性があります。

(実はこういう気持ちが、一番成績を伸ばす秘訣です。)


このような時に、重要なのが

「戦略」

です。


難関大学に現役合格者を多数輩出している学校なんかは

生徒たちに現役合格するための効率のよい学習戦略を伝授しています。

例:中学の間に高校の教科書を終わらせ
高校はひたすら、大学受験対策として
解法テクニックなど対策に力を入れる。


教養として高いレベルの教育を提供していただけだったが
結果として生徒が自ら頑張っちゃった場合もあります



大学進学実績がいまいちな高校は、そもそも
授業で国公立に受かる答案の書き方などを
授業で扱わず
ただただ、教科書をなんとか高校3年生の2学期末までに
終わらせることを目標としているところが多いです。


そんな、高校に通いつつも難関大を現役合格で突破したいかたは

自分に合った塾や予備校に行きましょう!

人によっては、大手予備校が合っていたり

弊社のような小さい個人指導の家庭教師が合っていたり

様々です。

目安としては、進学校であったり周囲の人が正しい自習方法を伝授してくれるかつ
自分で現役合格までの正しい学習計画を立てられる人
そして集団の中にいても自分を見失わず
レベルの高い授業を受けたい方は
予備校へ


予備校に通っても
全然頭に入ってこない、
そもそも集団授業が苦手で周囲とうまく人間関係を築けない
そして成績が伸びない場合は
自分の実力がわかっていないか、間違った方法で自習をしている可能性があるかたは

弊社のような家庭教師で学習方法を見に付けて
まだ物足りないというときに予備校に行ってみてはいかがでしょうか?

いつまでも、自分に合わない方法を繰り返していては
お金と時間の無駄です。

ここで軌道修正ができれば、予想をはるかに上回るレベルに到達できる
可能性があります!




進学校じゃないからと諦めないで

日本は受験産業が発達していますから
ここからテクニックをもらえばよいのです。

進学校じゃないけど、たまーに難関大に現役合格する生徒さんがいます。
このような方は恐らく、受験産業から戦略や解法テクニックをもらっている方たちなのでしょう。

学校は教養と人間関係を学ぶ、息抜きの場だと考えればよいのではないでしょうか?


家庭教師のアイデアの代表も
この戦略で大学受験を乗り切りました。


学校にはその学校にフィットした生徒が自然と集まる傾向がありので

最終的には志望校との「ご縁」みたいなところもあります。
駄目だっら自分はその校風に合ってなかったんだなと割り切っていきましょう!

(その根拠として大学院のお話にはなりますが、A校仮名 に何度受験しても落ちてしまう方がいました。
その方はもうA校を諦めてA校よりレベルの高い大学院を受験されたところ
一度で見事合格されました。
大学院には面接試験もありますから、大学受験と少し違いますが
その校風にあった人が合格するんだなという体験があります。

恐らく、京都大学に合格するような生徒さんは高い学力はもちろん

何を言われても自分を主張できるし、バカにされても実際に行動して周囲にアピールできる

、流されない方なのではないかと思います。)



↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

[2018/05/24 11:32] | 大学受験 | コメント(0) | page top
一般入試以外で医学部に入る方法 その3地域枠等 編 家庭教師のアイデア

https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea


一般入試以外で医学部に入る方法

 その3地域枠等 編



地域枠等(大学によって名称は様々)というのは

へき地ネット 公益財団法人 

地域医療振興会より抜粋
http://www.hekichi.net/index.php/chiiki/chiiki_c

ここに一覧があります




医師の都市部一極集中に伴う

地方の医師不足を解消するため

に作られた制度です。




卒業後大学が指定する施設や地域で

研修を行うことを約束した上で入学を許可されます。

(条件は大学によって様々。

国家試験合格後、約束を反故した場合

学費相当分を全額返金というペナルティなどがあります)

場所によっては学費全額免除・生活費を支給するなど

国家試験合格まで金銭面を協力に

サポートしてくれる大学もあります。



とここまで3つ紹介いたしました。




いずれにせよ、医学部医学科に入学するには

楽な道などありませんね。

前回もお伝えしましたが、

医学部医学科合格をゴールにすると

国家試験までモチベーションが持たず

脱落してしまいます。






何でもそうですが、医師も入試、国家試験

医師となってから

引退するまでずーっと勉強、試験は続きます。





根本的に学ぶことが好きか、

何か強烈な目的意識がないと

どこかで挫折してしまう可能性をはらんでいることを

お忘れなく。





最後に、家庭教師のアイデアでは

頻繁に医学部の話題が出ますが

弊社は決して医学部専門ではありませんことを

お伝えいたします。笑





↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

[2018/05/16 09:47] | 大学受験 | コメント(0) | page top
一般入試以外で医学部に入る方法 その② でも簡単じゃない 家庭教師のアイデア
/span>
https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea



一般入試以外で医学部に入る方法

 その2 2.3年次編入



その1が天下一武道会みたいな

ラインナップだったので

少しインパクトには欠けますが

これも医師になる裏技です







2年または3年で編入することで

医師をめざすことができます。

募集条件としては

大学卒業見込み者または4年生大学卒業者

またはこれらと同等以上の学力がある人です

(ここは志望大学よって認定条件は異なりますので

問い合わせ必須です)






試験内容は大体は筆記試験・面接がメインです

が各大学によって筆記試験の科目は様々です。
(生命科学に関する英語試験のみや

数学・物理の筆記試験を課すところまで様々)


過去問は赤本みたいに書店では販売されていませんので

各大学に問い合わせて、閲覧またはもらってください。

閲覧のみ可の大学もありますので、

志望大学の募集要項を

よく読んでくださいね。







編入試験といっても

倍率は一般入試以上の狭き門ですよ。

アイデアのスタッフが見てきた

医学部編入生は




文系出身はもちろん

海外の大学からやってきた人

主婦(もともと研究・開発職だったが、

子育てを期に専業になった方達)や

過去に企業(大手製薬会社など、

一般的に就業することが難しい職種)の研究職だった

経歴を持つ学生など

様々な背景を持っています。


(一風変わった方では元写真家や

ピアニストなんかもいらっしゃいます)




個人的には学士編入より1年間、

死に物狂いで頑張って一般入試

で入る方が簡単かと思いますが。。。。。

ご参考までに





↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

[2018/05/14 11:56] | 大学受験 | コメント(0) | page top
一般入試以外で医学部に入る方法 その① でも簡単じゃない 家庭教師のアイデア
/span>
https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea


一般入試以外で医学部に入る方法 



その1 推薦・AO入試



推薦やAO入試と聞くと簡単に入れそうじゃん♪

って思う人!


それは一般入試が簡単な大学だから簡単なだけです。

残念ながら医学部の推薦入試は甘くなく普通に落ちます。

受験を考えている方なら百も承知の上だと思いますが

一応言っておきますね。w





センター試験を受験して一定レベルの成績を収めることは必須です

一般の医学部医学科入試と同等足切り材料になります

推薦入試にすら足きりがあります。

これが本来の推薦入試ですね。

評定平均値を要求するところもありますが

ないところもあります。




大体旧帝大は一定の評定平均値なども要求されておりますのでご確認下さい。

例:大阪大学医学部医学科は評定平均値4.3以上です

京都大学医学部医学科は4.7 と

TOEFL-iBT、IELTS スコアの指定は特になし

東京大学医学部医学科  TOEFL-iBT100点以上、IELTS 7点以上 

評定平均値の指定なし



(IELTSは日本では有名ではありませんが、
海外の大学を受験または移住するときは要求される試験です。
実践的な会話テスト作文テストもありますので、
日本の大学受験向けの
英語対策をしていると総合スコアがとれなくてびっくりします。

日本人のスコアはだいたい5.5が平均です。
TOEICはマークシート形式なため
テクニックなどで対策すれば高得点を取れますが
※だからTOEICは日本国内でしか通用しない
IELTSは当日の面接官などにも左右されるため
テクニック的なものが一部しか通用しません。
native English speakerでも満点、高得点は難しくて有名です。)




あとは、

学校側の推薦書、調査書だったり

各種科学オリンピックを始めとする

さまざまなコンクールの成績

(医学科学以外でも自分の好きな分野



例:intel ISEF 日本代表 

(これは非常に面白い大会なので

また別の機会にお話します)

prex de Lausannne 入賞

などハイレベルな大会が望ましい)

の結果提出を求められます。





各大学ごとに微妙に異なりますので

自分の志望大学の選抜要項をよく見てください。

改めて見るとハイレベルなことを要求されるので、

一般入試の方が簡単かもしれません。

(ちなみに米国の医学部医学科は

4年制大学を卒業していることが

最低条件となります。


日本と比べ物にならないくらい過酷なので

これもまた別の機会にお話しますね)


↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

[2018/05/13 11:23] | 大学受験 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>