FC2ブログ
ぱーきんそんのほうそく 時は金なり 家庭教師のアイデア

https://katekyo-idea.online
◇◇60分1000円体験授業も受付中です◇◇
080-1417-4539
mail-1@katekyo-idea.online
twitter @katekyoidea



何かを始めるときはパーキンソンの法則を意識しよう!

私たち誰もが平等に持っている資源といえば
   
「 時間 」

がありますね!





小さい子供もお年寄りも、忙しい人もそうでない人も

1 日 2 4 時間 の 1 年 3 6 5 日 という資源を持っています。

でも、中にはいつも時間がないとか

忙しそうにしている人を見かけることがあります。






いつも忙しく余裕がなさそうな人は能力が無いのかというと

賢くて仕事ができる人もいるので不思議です。

忙しそうな彼らの特徴として

いつもスケジュール帳はびっしり詰まっています。
(〇〇さんと会う約束、勉強会、出張、経費の精算…。)

そして、やる事リストを1つ片付けても

また1つ追加で更新されていくので

いつまで経っても休まらないわけです。






しかし、ほとんどの予定は削ってしまっても

人生に大きく影響を及ぼす事や

経済的に困窮してしまうような内容ではありません。

忙しい(または忙しそうな人)人は潜在意識で

予定のない時間があると不安になってしまうので

少しでも時間があるとタスクを入れてしまうのです。

そして、余りの時間が無くなるまでスケジュールが

埋められてしまうのでいつも忙しくなります。






一方で時間の使い方の上手な人は

意識的に余裕のあるスケジュールを組みます。

予定のない時間は溜まっていた本を読んだり

運動をしたり、昼寝をして

休息する時間に充てるわけです。

いわば、この時間は使い方を選べる

自由度の高い時間になります。

この自由度が気持ちに余裕を作り出します。

(妻は無駄が大嫌いなので若い頃から上司に意見して
無駄な会議やらを次々無くしていった伝説を残しています)



この時間の例は、パーキンソンの法則で理解できます。

人は与えられた時間やお金があると

最終的にそれらの資源を使い尽くすように行動するという法則です。

収入の例で言うと、昔は月収15万円でも問題なく生活できていた人が

月収30万円になってしまうと、車を購入したり

外食を増やしたりして結局支出は収入を使い切るようになります。
(はい私です)


時間も同じで、時間という資源が残っていると

ついつい使ってしまうので、余裕を持てないわけですね。



時間の使い方次第では数年~10年単位で見ると

結果にとても大きな差となって現れます。

中高生の頃は
勉強をせず
ケンカが強かったり顔が整っていたり
モテたり威勢のいい人
(クラスのリア充やヤンキー)

が学校という社会を支配していますが
卒業して大人になると会社などで
たちまちガリ勉君に支配されてしまい
立場が逆転することと同類の現象です。


ですから、時間があるからといってむやみに予定を入れるだけでなく

自分の目指す未来に近づく行動へ時間を割くことをオススメします。

なんとなくを卒業して、時間もお金もフルに意識して使うと

身の回りに起こる出来事や結果が


あなたの望むもので増えていきます

↓最後まで読んでくださってありがとうございます。ポチッとして下されば励みになります。お願いいたします(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト
[2018/04/16 11:09] | その他 | コメント(0) | page top
<<目標設定のやり方:うちも目標ありますよ!家庭教師のアイデア | ホーム | でんけん?電験3種って何?解説します家庭教師のアイデア>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |